ドイツ発の「1対1コンサート」が東京、赤坂で

このコロナ時代、音楽やコンサートのあり方をいろいろな人たちが考えてきました。たとえばオンラインで実施、ドライブインシアターで実施、公園で、ストリートでなど、安全を考えつつ様々なやり方が模索され提案されています。

そのうちの一つに「1対1コンサート」というものがあります。これは(たぶん)ドイツで始まったもので、文字通り1対1なわけ。演奏者も聴衆も1名ずつ。お互いの距離は2m。音楽を聴きたい人、演奏したい人、それぞれのニーズをすくい上げるものと言えますでしょうか。リスクを出来るだけ抑えながら、新しい体験を作ろうよというもの。1対1というのは普通の時代だったらなかなか思いつかないものでしょうし。

このたび、11月23日(月祝)に東京でもはじめてそのコンサートが行われるという話をききつけました。会場は赤坂のゲーテ・インスティトゥート。詳細はこのページをご覧ください。

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=22018072

1 to 1 concertsっていう特設サイトもあるよ(日本語ページあり)
http://1to1concerts.de/ja/1to1concerts-ja/

「1分間アイコンタクトをとってください」。演奏家と聴衆が見つめ合う不思議な時間も設けられていて、そこにラ・ラ・ランドが生まれる。・・・否、不思議なスパークとフォースが発生して、特別な感が演出されるということになるわけだ。にらめっこの時間じゃないから福笑いとかしないように。笑ったら負けです。笑かしたら負けです。日本人は恥ずかしがりだからついつい、笑ってごまかしたくなっちゃうけど、笑ったら負けでごわす。

上記のページに書かれていますが、ドイツ国内ではすでに3000回を超すこの1対1コンサートが実施されてきたそうです。またスペイン、フランス、オーストリア、インドなんかでも開催されてきた。特設ウェブサイトにはこのコンサートを実際に体験した人たちからの感動的なコメントがいっぱいあって、たいへん親切なことに日本語で書かれていますから、ご関心のある方はご一読をおすすめいたします。あとFAQもあるよ。

東京のコンサートは11月23日(月祝)の14時から16時までの間。チケットは上記ゲーテ・インスティトゥートのページからメールで申込み。コンサートは無料だが、後日寄付をしてほしい旨が書かれています。日本には寄付の文化がないため、こういうときに結構な数の人が尻込みしてしまうかもしれないのですが、遠慮することなく堂々と寄付していただきたい。神社のお賽銭みたく10円や5円でもいいでしょうけれど、神様は音楽を演奏してくれないし、音楽家は演奏してくれるし、アイコンタクトであなたのことを笑かしにかかってくれるんだから(これはウソ)、もうちょっと寄付したって、バチは当たらないんじゃない?

なんなら演奏家の支援にもなりますし、大きな目で見れば音楽文化全体を支えるようなことにもなるんだと思います。

この試みが成功すれば、コロナ時代限定とかではなくて、全国的に、継続的に実施されることも十分ありうるのかも。

5 7 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments