6歳でオーケストラにデビュー。これまでにクシシュトフ・ペンデレツキ、ハインリヒ・シフ、ウラディーミル・スピヴァコフ、ワレリー・ゲルギエフなどの指揮でモスクワ・ヴィルトゥオージ、クレメラータ・バルティカ、ウィーン響、ベルリン・コンツェルトハウス管、マリインスキー劇場管などと共演。

2019年6月には第16回チャイコフスキー国際コンクールで第3位に入賞。

2018年にはBBCラジオの「ニュー・ジェネレーション・アーティスト」に選ばれたほか、スイスのグシュタードの冬の音楽祭においてティエリ・シェルツ賞、アンドレ・ホフマン賞を受賞した。これによりスイスのClavesレーベルより録音がリリースされることとなった(2019年4月リリース)

2019-20シーズンはロイヤル・リヴァプール・フィルにデビューし、エルマウ城におけるヴェルヴィエ音楽祭の室内楽ウィークに参加、ベルリン・コンツェルトハウス管とはコンサートツアーに出かける。

室内楽にも積極的で、ギドン・クレーメル、ユーリ・バシュメット、ジョヴァンニ・ソッリマ、デニス・マツーエフ、ファジル・サイ、ウラディーミル・スピヴァコフ、アンドラーシュ・シフなどと共演を果たしてきた。

エカテリンブルクの音楽一家にうまれ、4歳からチェロを始める。モスクワ中央音楽学校で学んだ後、クロンベルク音楽院に行き、フランス・ヘルマーソンに学んだ。その後ベルリンへ行き、イェンス・ペーター・マインツに師事。 現在はパリ音楽院においてジェローム・ペルノーに、そしてフランクフルト音楽大学にてクリスティン・フォン・デア・ゴルツにバロックチェロを学んでいる。

使用楽器は1743年製のジョヴァンニ・バティスタ・ガダニーニ。2015年にハンブルクのTONALiコンクールで優勝し、貸与を受けている。

次回来日:2021年8,9月、2022年1月
お問合せ、出演依頼は山根悟郎 yamane@mcsya.org まで。 


Anastasia Kobekina, cello

Being one of the most promising talents of her generation, Anastasia Kobekina debuted with an orchestra at the age of six. Since that time she has had the opportunity to perform with many renowned orchestras, such as Moscow Virtuosi, Kremerata Baltica, the Vienna Symphony Orchestra, the Konzerthaus Orchestra Berlin, the Mariinsky Theater Orchestra, and many others – under guidance of Krzysztov Penderecki, Heinrich Schiff, Vladimir Spivakov and Valery Gergiev. 

In June 2019 Anastasia won the Bronze medal at the XVI International Tchaikovsky Competition in St. Petersburg.

In 2018 she became a „New Generation Artist“ of the BBC 3 Radio Scheme and was also awarded the Prix Thierry Scherz and the Prix André Hoffmann at the Swiss Winter Music Festival “Sommets musicaux de Gstaad”, a reward that comprises a recording with orchestra for the Swiss recording label Claves (released in April 2019).

In the upcoming season 2019-2020 she will debut with the Royal Liverpool Philharmonic Orchestra, participate in the chamber music week of Verbier Festival in Elmau, and will go on concert tour with the Konzerthaus orchestra Berlin.

One of young cellist’s main dedications and passions is chamber music – she has been participating in many festivals performing with artists, such as Gidon Kremer, Yuri Bashmet, Giovanni Sollima, Denis Matsuev, Fazil Say, Vladimir Spivakov, and Andras Schiff.

Born into a family of musicians, she received her first cello lessons at the age of four at her home in Ekaterinburg, the capital of Ural part of Russia. Following the completion of her studies at the Central Music school in Moscow she was invited to study at the famous Kronberg Academy in Germany with Frans Helmerson. She continued her studies at the University of Arts in Berlin in the class of Professor Jens Peter Maintz.  She is currently a student of Jerome Pernoo at the Conservatoire of Paris and at the Frankfurter Hochschule at the class of Kristin von der Goltz (barockvioloncello).

In 2015 Anastasia won the prestigious TONALi Competition in Hamburg and was given the opportunity to borrow a beautiful violoncello by Giovanni Baptista Guadagnini which dates back to 1743.

Representation: Japan
Inquiries please contact Goro Yamane
yamane@mcsya.org