ベートーヴェンのピアノソナタを32曲演奏する演奏会シリーズ

来年は2020年、オリンピック!ワッショイ!!という人もおられるでしょう。しかしクラシック音楽的にはベートーヴェン250年ワッショイ!ということになっております。ベートーヴェンは1770年に生まれたので、生誕250年ということになります。

世の中こういうアニバーサリー・イヤーというのが大好きでして、あちこちでアニバーサリー的なイベントが行われることになっております。まああまりにもベートーヴェンだらけになることもわかりきっているので、あえて逆張りでベートーヴェン以外に目をつけるという人たちもおられることでしょう。ベートーヴェンだけじゃ飽きちゃうもんね。いくら素晴らしいと言ったって、そればっかり聞いているわけにはいかないもんね。

というわけで来年32曲のベートーヴェンのピアノソナタを演奏することになっているのはいったい誰?いろんな人がいろんなところで演奏するとは思うんですが、とりあえずちょこちょこっと検索して見つかったのを拾っていくね。

イゴール・レヴィット ザルツブルク音楽祭(オーストリア)7月29日-8月16日
イゴール・レヴィット ベルリン・フィルハーモニー(ドイツ) 8月30日-9月27日
ジョナサン・ビス ウィグモア・ホール(ロンドン) 2019年12月19日-2020年6月25日
ジョナサン・ビス カリフォルニア大学(アメリカ)2019年9月21日-2020年3月9日
ダニエル・バレンボイム ブーレーズ・ザール(ベルリン)2019年12月20日-2020年4月27日 
ルドルフ・ブッフビンダー チャイコフスキー・コンサートホール(モスクワ)-2020年3月11日(2シーズンかけてやってるらしい。いつからやってたのかわからん)
コンスタンチン・リフシッツ(関東)4月25日-5月8日
ボリス・ギルトブルク(オンライン) 1月17日から

複数人で全曲やるパターン↓

シカゴ・シンフォニーセンター ゲルシュタイン、ブッフビンダー、シフ、内田、キーシン、レヴィット、ポリーニ
フィラデルフィア室内楽協会 ブッフビンダー、ウィリアムズ、ビス、グード、内田

って調べてたらだんだんめんどくさくなったのでとりあえずこれで終わりにしますが、多分もっとあちこちでいっぱいやってるよね。

これ以外にもチェロ・ソナタ全曲とか、ヴァイオリン・ソナタ全曲とか、交響曲全曲、とかいうのもいろいろ見つかりましたので、探していけば結構ボリュームが大きくなりますね。世界は広い、そしてベートーヴェンはあまりにも偉大だった(←適当)。