クラシックの最強の「序曲」トップ3とは

こんなん完全に日本人ホイホイやなと思ったんですよね。ずるいですよね。山田和樹の写真がどーんと出てて、ほんで「現代を代表する3人の指揮者が語るお気に入りの序曲」とか出てたら、見に行くに決まってるやん。山田さん出てきませんやん。詐欺や!!わざわざクリックしてしまった私の右指の労力と、その直前に脳で出たアドレナリンと糖質の消費を返せーっ!!(奇抜なクレームの付け方すんな)

とりあえず気を取り直して指揮者3人が選ぶ序曲トップスリーとやらを見てみましょう。

パッパーノが選ぶ序曲トップスリー
ウェーバー:オイリアンテ
ロッシーニ:コリントの包囲
ヴェルディ:運命の力

やってみたい序曲:
ベルリオーズ:海賊

ドミンゴ・インドヤンのトップスリー
ベートーヴェン:レオノーレ第3番
メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟
ワーグナー:トリスタンとイゾルデ

やってみたい序曲:
ワーグナー:パルシファル

●マーク・エルダーのトップスリー
ウェーバー:魔弾の射手
ベルリオーズ:ベンヴェヌート・チェッリーニ
ワーグナー:タンホイザー

やってみたい序曲:
レズニチェク:ドンナ・ディアナ

現代を代表する指揮者が、といいつつパッパーノ以外の2名の人選に若干の渋さを感じるが、しかしこういうところに英国の雑誌らしいシニカルさが現れているのかもしれません。何度でも言うけどパッパーノは英国うまれの英国人だからそこんところよろしく。

そしてみなさんの選曲もわりと渋めだったりしますね。私としてはフィガロの結婚とかセヴィリアの理髪師とか入っててもいいんじゃないのとか思ったりもしますけれど、それだとさすがに正直すぎるのか。いや、3曲選べと言われればなるほどなかなか選びにくいものかもしれませんね。本当、いろいろありますしね。

皆さんもよくよくお友達と議論してみて下さい。3つ序曲選ぶなら、さあ、あなたなら何を選ぶ?

「はいっ!!ゴルドベルクの16変奏!!!」・・・・ひねりすぎやろ。

4.3 7 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments