ニューヨーク・リンカーンセンターに個人が約11億円を寄付

日本もいよいよコンサートホールは10000人までならたいていオッケーということになるので(詳しいことはこのへんとか見てきて)、ほとんどすべてのクラシック音楽のコンサートが満席で開催可能になる(とりあえず10月30日までの経過措置)。いやー、めでてーめでてー!!(目出度いと言っている)。そしてニューヨークのメトロポリタン歌劇場はというと無事に再開を果たしているようで、こちらも誠に喜ばしいとおもっております。

デイヴィッド・ルーベンスタイン氏は1949年ボルチモア生まれのアメリカのビリオネア。自身の設立した投資会社があたって大儲け。現在の資産価値は42億ドル(4700億円ぐらい)だそうです。

「デイヴィッド・ルーベンスタイン 純資産」で検索してみましたら、でかでかと「42億アメリカ合衆国ドル 2021年」と出まして、グーグルはこういうことも教えてくれるのかとめまいがするようでした(「お名前+純資産」で検索すると出るわ出るわ・・・)。

うおー42億ドルと思いましたが、これって世界の長者番付のトップ50にも入らないんですね。・・・・グーグルで検索を続けます。マーク・ザッカーバーグは1264億アメリカ合衆国ドル(14兆1514億円ぐらい)、日本人トップの孫正義309億アメリカ合衆国ドル(3兆4596億円ぐらい)。

うむ。そうか。

世界が違いすぎてうまく想像がつかない。なお、フォーブズのこのページを見ますと、日本人第10位のぶすじまさんが4850億円とありましたので、ルーベンスタイン氏は日本人と競っても11位以下ということになる。

4700億円しか持たない人がこれまでに合計7億ドル(783億円ぐらい)をあちこちに寄付してきたというのはなかなかすごいことではないでしょうか。割合で言うと16%となり、かなりすごいことになると思うんですよ。それでもびくともしないということになりますか。さすがビリオネア。金持ちけんかせず(関係ありません)。

どんだけお金持ってますのん。

前ふりが長かったのですが、ニューヨーク・リンカーンセンターに1000万ドルをほいっと寄付されたそうで、すごい。

https://www.forbes.com/sites/giacomotognini/2021/09/27/private-equity-billionaire-david-rubenstein-donates-10-million-to-new-yorks-lincoln-center-to-expand-civic-activities/?sh=157f82566c6f

しかもこれが2回目だというからさらにすんごいではないですか。前回の寄付は2009年で、この時も1000万ドル。ハーモニー・アトリウムと呼ばれていた建物がリノベされて、以来1000回ぐらいのパフォーマンスがそこで行われてきたし、来場者数も350万人を越えているということだそうです。レセプション会場としても使える。250人、ディナーなら150人だそうです。ここです↓

http://yourevent.lincolncenter.org/venues/david-rubenstein-atrium

主にパーティーとか市民参加型?のイベントをやっているのかな?

いやー、それにしてもすごい。アメリカは桁が違う。

5 7 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments