ボン・ベートーヴェンハウスが緊急ウクライナ支援プロジェクトを立ち上げ

ベートーヴェンの生まれ故郷はドイツのボン。おじいさんはベルギーのメッヘレン生まれなので、ルーツはベルギーとかオランダとかなのです。ボンはドイツの東側つまりベルギーに近い所にあったのも、もしかするとベルギーとの距離の問題もあったのかもね、と思います。

なおボンと言うと、ハイドンをロンドンに連れて行ったザロモンという興行主でヴァイオリン奏者もボンの生まれ。ベートーヴェンとも知り合いだ。

さて、ボンのベートーヴェンハウス、つまりベートーヴェンの記念館とか博物館、そういうところですね。そこが、ウクライナから避難してきた人のために居住スペースを提供する、また仕事の機会も提供し、慈善コンサートも開催する、と発表。

https://www.beethoven.de/en/

「平和への願い」(ホープ・フォー・ピース)と題された複数のチャリティコンサートが計画されていて、その場で寄付金を募るほか、ウクライナの音楽家たちが活動を継続できるよう、ベートーヴェンハウスをつかってのリハーサル、コンサートや録音の機会を提供する。またウクライナとロシア、そしてヨーロッパの架け橋となるアーティスト同士の音楽プロジェクトも推進していくとのこと。

寄付についても口座詳細が書かれているので(日本からの小口の送金は送金手数料が高いのであまり現実的ではないかもしれませんが)、寄付も直接できるし、ボランティアとして働きたい方のためのコンタクトアドレスも紹介されている。ボン近郊の方はぜひ。

ところで・・・その①ベートーヴェンハウスのウェブサイトのロゴを見るとBTHVNとなっていて、ほー、ベートーヴェンやなということが一発でわかる。LVMH(ヒント:ファッション関係)よりもずっと明快だ。 

ところでその②ボンのベートーヴェンハウスの館長は誰か?著名ヴァイオリニストのダニエル・ホープである。そう、つまりホープさんがホープなプロジェクトを推進する。これは実に象徴的でふさわしいことだ。担当者も絶対にわかってやってると思う。

5 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments