英国のチェリスト、チャリでローマへ向かう

ほのぼのしてますなあ。英国人チェリストがローマへ向かっています。という謎のニュースがBBCに掲載されております。

https://www.bbc.com/news/uk-england-tyne-61577458

イギリスのカンブリアというところからローマまで3000キロぐらいの距離を5週間かけて走るんだそうです。お疲れ様ぁー。名付けてハイウェイ・チェロ。

こういうのどかなというか、ほのぼの系の話題が出るようになるほどにはコロナも終わりを迎えつつあるのだと思っています。さすがに持っているチェロは木製ではなさそうで、雨が降っても大丈夫的な感じになっているようでございます。よかった。がんばれ~、とゆるい気持ちでお声がけをしてみたくもなりますなあ。

進捗状況や予定ルート、日程はブログで公開されているので生暖かく見守ることといたしましょう。

https://kennethwilsoncello.com/highway-cello-blog/

こういうやつで一番好きだったのは探偵ナイトスクープで、自転車で日本一周だったかな?をやっている息子をおかんが着ぐるみでこっそり見に行くっていうやつで、電車の駅で休憩している元気いっぱいの息子を見つけて、おかんは着ぐるみの中でずっと泣いている。っていうやつです(鼻をすすっている音をマイクが拾っている)。関西方面ご出身の40代以上の方なら大抵知っていると思います。着ぐるみで息子に抱きついて離れないおかん、そして最後に気ぐるみの頭の部分を脱いだら「うわっおかんや!」と息子は叫んで逃げる。ああ泣き笑い。

このおじさんもチェロを背負ったり自転車にくくりつけたりしながらのどかに旅するのであろう。楽しそうや。私もやってみたいのお。もちろんマスクもなしで。先日もある外国の方に聞きましたが、ヨーロッパでは屋外でマスクをしている人はほぼ、全くいないということでした。日本もそろそろと、ゆっくりと、マスクはもう屋外ではええんちゃう的な風になっていくことを願っております。

感染症には対策をしつつ、笑顔もフリーに。

5 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments