日時:2022年1月30日 (日) 14:00開演 [13:30開場]
会場:さくらホール(岡山県岡山市)
出演:富田心(ヴァイオリン)、若松弥々(ピアノ)

英国BBCヤング・ミュージシャンの弦楽器部門にて日本人史上初となる優勝!生後半年から英国で育った才能がついに日本デビュー!地元の岡山に凱旋!

【プログラム】
バエネスク:「幼き日の印象」より I.辻音楽師 作品28-1
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K.376
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ ト長調
チャイコフスキー:懐かしい土地の思い出
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番

※曲目は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

【チケット】 全自由席 一般前売り3000円(当日3500円) 高校生以下1500円  

【メール予約】 mcsticket@mcsya.org

【主催】一般社団法人MCSヤング・アーティスツ

【会場住所】 岡山県岡山市中区福泊269(さくら学園内) [TEL: 086-277-9541 ]
【会場地図】


略歴

富田心(とみた こころ)、ヴァイオリン

2002年岡山県生まれ。生後6ヶ月で渡英し、4歳よりヴァイオリンを始める。2010年、8歳の時アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクールカテゴリーA3位受賞(最年少)。2017年、イーストボーン交響楽団ヤングソリストコンクール優勝。2019年、ウィーン国際音楽コンクール、ベルリン国際音楽コンクールともに金賞受賞。カール・フレッシュアカデミーにてカール・フレッシュ賞を受賞。2020年、BBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー2020弦楽器部門優勝。

10歳でロンドンのカドガンホールにてデビュー。以来、英国を拠点にイタリア、オーストリア、オランダ、カナダ、スイス、スペイン、ドイツ、ベルギーでソロや室内楽のコンサートを行う。これまでに、サウスバンクシンフォニア、イーストボーン交響楽団、バーデン=バーデンフィルハーモニー管弦楽団などと共演し、好評を博す。

10歳でイギリスの名門ユーディ・メニューイン音楽学校に英国政府奨学生として入学し、ナタリア・ボヤスキー、ルチア・イブラギモヴァに師事。マスタークラスにて、国際的に著名なピエール・アモイヤル、アリーナ・イブラギモヴァ、ローマン・シモヴィッチ、ゴルダン・ニコリッチ、ニン・フェン、コリア・ブラッハー、ミハエラ・マルティンの各氏に師事。2020年5月、英レーベルOrchid Classics と契約。デビューアルバムを2022年にリリース予定。

若松弥々(わかまつ やや)、ピアノ

台湾出身、本名王雅萱(ワン ヤーシェン)。台北東呉大学校音楽科卒業。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学を最優秀の成績で卒業、修士課程修了。ザルツブルグ、モーツァルテウム音楽大学にて大学院課程(Piano Solo Postgraduate)在籍。

カールスルーエ音楽大学在学中、バリトン歌手Hanno Mueller-Brachmann氏クラスの専属伴奏アシスタントを務める。ピアノを、Daming Zhu、Gabor Paska、Kalle Randalu、室内楽をRalf Gothoni、伴奏法をMarkus Hadullaの各氏に師事。

これまでに数々のコンクールにて優秀な成績をおさめ、台北、ベルリン、ミュンヘン、ブダペストなどで数多く演奏会、音楽祭などに出演し、オーケストラとの共演も重ねている。台北の”音楽文化芸術ファンデーション New Artist”オーディションに選ばれ、2018年台北バッハホールにてソロリサイタルを行う。

2017年にドイツより完全帰国し、2019年から広島を中心に室内楽やソロの演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。