日時:2022年11月27日 (日) 15:00開演 [14:30開場]
会場三次市民ホールきりり 大ホール (広島県三次市)
出演:ソフィア・ブルゴス(ソプラノ)、浅野菜生子(ピアノ)

ベルリン・フィル、バイエルン放送響、ロンドン響など、欧州の名門オーケストラと共演、ラトル、ガーディナー、クルレンツィス、ユロフスキなど偉大な指揮者たちと次々と共演を果たす名花が初来日!これが世界を制する歌声だ!

オールモーツァルト・プログラム

「おいで、いとしのツィターよ」 K.351
歌劇《フィガロの結婚》K.492より「恋とはどんなものかしら?」
「魔法使い」 K.472
歌劇《ドン・ジョヴァンニ》K.527 より「恋人よ、さあこの薬で」(薬屋の歌)
「鳥よ、年ごとに」K.307
「クロエに」 K.524
歌劇《羊飼いの王様》K.208より「彼女を愛そう」
「夕べの想い」K.523
—–
演奏会用アリア「喜びは胸に踊り」K.579
歌劇《羊飼いの王様》K.208より「あんなにも激しかった嵐を」
「別れの歌」 K.519
「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき」 K.520
歌劇《フィガロの結婚》K.492より「愛の神よ」
歌劇《皇帝ティートの慈悲》K.621より「涙する以外の何事も」
歌劇《騙された花婿》K.430より「私は栄光のローマ、カンピドリオの生まれ」

※曲目は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

【チケット】 絶賛発売中!
全自由席 一般前売り5500円/当日6000円 
三次音楽家協会&MCS会員限定(先着25名)ニコニコチケット2525円 ※別途年会費が必要です
小学生から22歳までは学生ニコニコ(先着25枚)2525円 ※高校生以上は当日学生証提示
ニコニコチケットはメールでお申し込み:mcsticket@mcsya.org

【主催】三次音楽家協会/MCSヤング・アーティスツ

【会場地図】


略歴

ソフィア・ブルゴス(ソプラノ)

ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルの『放蕩児のなりゆき』(ストラヴィンスキー)においてアン役(ロール・デビュー)を歌ったほか、ベリオおよびファリャの作品をアイヴァー・ボルトン指揮バーゼル交響楽団とともに録音。マティアス・ピンチャー指揮のドビュッシー『聖セバスチャンの殉教』にも出演し、ペーター・ルンデル指揮バイエルン放送響によるベアト・フラーの『雪=場面(Schnee-Szenen)』のコンサート版初演に参加した。サー・サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団のロンドン、パリ公演では『利口な女狐の物語』(ヤナーチェク)の女狐役を歌っており、エジンバラ音楽祭ではサー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮の『ウェスト・サイド・ストーリー』(バーンスタイン)に出演した。その他の主要な公演として、テオドール・クルレンツィス指揮マーラー室内管とミュンヘンのプリンツレーゲンテン劇場およびハンブルクのエルプフィルハーモニーでクロード・ヴィヴィエの『みなし児』を歌って共演、BBC 響および MDR 交響楽団とはバーンスタインの『ソングフェスト』で共演した。アントネッロ・マナコルダ指揮アルンヘム・フィルハーモニー管とはエミリー・ディキンソンの詩によるロビン・デ・ラーフの作品で共演した(チャレンジ・レコードより CD となってリリースされた)。グリゼーの『限界を超えるための 4 つの歌』をエルプフィルハーモニーで歌い、アンドリュ・ノーマンの『トゥ・ザ・ムーン・アンド・バック』をサー・サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルおよびロンドン響で歌い、エクサンプロヴァンス音楽祭には『ディドとエネアス』(パーセル)のベリンダ役で出演した。

2019/20 シーズンも重要なデビューを果たしている。BBC プロムス、ベルリン音楽祭、ヴェルサイユ宮殿王室オペラ座、ラ・コート=サン=タンドレのベルリオーズ音楽祭においてサー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮モンテヴェルディ管による『ベンヴェヌート・チェッリーニ』(ベルリオーズ)のテレーザ役を歌った。またオランダ国立歌劇場ではアイヴァー・ボルトンの指揮で『コシ・ファン・トゥッテ』(モーツァルト)のデスピーナを歌い、ブリュッセルのモネ劇場でのモーツァルトのダ・ポンテ三部作の新しいプロダクションでは『フィガロの結婚』のスザンナおよび『ドン・ジョヴァンニ』のツェルリーナを歌った。(le lab 演出、アントネッロ・マナコルダ指揮)またベルリン・コンツェルトハウスおよびミラノのガベール・オーディトリウムにおいて、ダニエル・ゲルツバーグのピアノでリサイタルを開催する。イーストマン音楽学校の学士課程を修了。同学でブラッド・ラブマン指揮ムジカ・ノヴァ・アンサンブルと共演し、ウンスク・チンの『折句 – 言葉の遊戯』やスティーヴ・ライヒの『テヒリーム』などを歌った。またイーストマン協奏曲コンクールに入賞し、バーバー『ノックスヴィル「1915 年の夏」』をイーストマン劇場で卒業生室内管と共演した。そのほかイーストマン・オペラコンクール第 3 位、ジェシー・クナイゼル・リート・コンクール入賞、2017 年にはナディア&リリー・ブーランジェ国際声楽=ピアノコンクール(パリ)においてドイツ・リート賞を受賞。グラーツのシューベルトと現代音楽国際コンクールで第 2 位入賞(2018 年)。現在はオランダのハーグ在住。