ラフマニノフ生誕150周年イヤー 美術作品に囲まれながら聴くググニンのラフマニノフでしめくくりを。

日時:2023年12月27日 (水) 
第1部:16:00開演
第2部:19:00開演
会場: 遠藤剛熈美術館
出演: アンドレイ・ググニン(ピアノ)

プログラム

第1部
幻想的小品集 前奏曲「鐘」 Op.3-2
前奏曲集 Op.23 全曲

第2部
前奏曲集 Op.32 全曲

未就学児入場不可

プログラムは予告なく変更になる場合がございます。

ヨーロッパでは一般的な美術館の中でのサロンコンサート。
美術・芸術作品に囲まれながら演奏を聴くことで、より深くその音楽・芸術を堪能できることでしょう。
ラフマニノフイヤーのしめくくりはググニンのラフマニノフで!

チケット

全席自由

【第1部】 

一般:4000円(当日券4500円)

MCS会員:3500円(当日券4000円)

【第2部】 

一般:4000円(当日券4500円)

MCS会員:3500円(当日券4000円)

【1部&2部通し券】 

一般:6000円(当日券6500円)

MCS会員:5000円(当日券5000円)


本公演はチケットの事前発送はございません

【主催】MCSヤング・アーティスツ

【後援】旭堂楽器店・Happiness Universal
    一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

お申込み

11/10発売開始

下記フォームからお申し込みください

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    メールで会員向けチケットお申し込みの場合は、mticket@mcsya.org まで下記をお書きの上お申し込みください。
    メールでお申し込みの場合は事前のお振込みをお願いしております。
    【記載事項】
    ・お名前(お子様、お連れ様の人数内訳もお願いします。)
    ・郵便番号
    ・ご住所
    ・電話番号
    ・メールアドレス
    ・席種
    ・枚数

    会場地図

    略歴

    2016年シドニー国際コンクールの覇者。ウィーンのベートーヴェン国際では第2位、またジーナ・バッカウアーで優勝するなど、高い実力を持つ若き獅子。ロシア的な、濃厚な音楽、そして誰とでも打ち解けられるフレンドリーな性格にファンは多い。

    2013年、ウィーンにて開催されたベートーヴェン国際コンクール第2位に輝き、2014年にはジーナ・バッカウアー国際コンクールで優勝。また2016年にはシドニー国際コンクールでも優勝している。協奏曲賞、19世紀20世紀協奏曲賞など多数の賞も受賞している。

    その結果マリインスキー劇場でワレリー・ゲルギエフと共演し、ロンドン・フィルとも共演した。

    ググニンは2018年にハイペリオンレーベルのピアノ・クラシックスシリーズのために録音を果たしたほか、デロスレーベルにショスタコーヴィチのピアノ協奏曲集、およびワディム・ホロデンコとのデュオなどを録音してきている。ショスタコーヴィチの録音はスティーヴン・スピルバーグの映画「ブリッジ・オブ・スパイ」にて用いられた。そのほかロシア、オランダ、クロアチア、オーストリア、スイス、アメリカにおいてテレビやラジオのために演奏している。

    リサイタル、室内楽、オーケストラとの共演でウィーン楽友協会、ニューヨーク・カーネギーホール、シドニー・オペラハウス、モスクワ音楽院大ホール、マリインスキー劇場、パリ・ルーブル美術館などで演奏。またロシア、アメリカ、フィンランド、オーストラリア、クロアチアそして日本でマスタークラスを開催してきた。

    そのほかヴェルビエ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、マリインスキー国際音楽祭、ドブロブニク夏の音楽祭、上海音楽祭、ザグレブ夏の夜音楽祭などに出演している。今後はウーハン・フィル、バンコク響、ジュネーブ室内管、西オーストラリア響、エルサレム・カメラータなどとの共演が予定されている。
    今年2月のシルヴェストロフの曲を中心としたコンサートツアーでは、多くの方々、マスメディアから注目を浴びた。

    Video