2022年、何を着てオペラに行く?

オペラに行こう!と思ったらいったい何を着よう?そう思うのもある意味当たり前のことかもしれない。オペラは遊園地ではないし、スキー場でもない。ふさわしい格好があるはずだ。

いや、別にこうでないといかんなんてルールなんてないんですよね。ユニクロだろうがしまむらだろうが英國屋だろうがフェンディだろうが、ともかく他人の視聴の妨げにならないのであればなんだってOK。こうしろああしろとなんだかんだ言う人は半可通だよ。本当のプロフェッショナルなら何もいわずにニッコリ笑って受け入れてくれるよ。

でもちょっとリッチな気分に浸りたいと思うんであれば、ドレスアップすればええやん。豪華なセット、きれいな衣装にあわせて自分もなんだかうきうきするような気分になりたい?じゃあドレスアップすればええやん。

でも何を着たらいいのか、場違いな格好になったりしないか。そういうお悩み、ありますよね。いっそのこと、こういう格好だけ、とかにしてくれれば考えなくてすみますが、そういうわけにもいかないのが多様性というやつ。

ニューヨーク・タイムズに載っている若者たちの写真が参考になるんとちゃいますか。クールな格好でスーパースターたちの競演を楽しむのもええなもんですよ。いろんな若者たちの格好が写真で掲載されていますけど、個人的にええやんと思ったのは、エリザベスカラーの女子。エリザベスカラーなんてつけることないですやん。やばいな。ええな。

https://www.nytimes.com/2021/12/23/style/metropolitan-opera-new-generation.html

というわけでさっそくzozotownでエリザベスカラーを検索してみた結果

これもええな!

5 10 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments