巨大ヴァイオリン、海に浮く

浮―いた浮いた、なーにが浮いた。ヴァイオリン!!

https://www.reuters.com/world/europe/italy-floating-fiddle-makes-test-voyage-2021-08-06/

先日もお伝えしたヴェネツィアの20倍サイズヴァイオリン、ノアの箱舟をもじってノアのヴァイオリンの続報と言うか何と言うか。9月に航海に出かけるそうですが、昨日テストで海に浮かんだそうです。おめでとう!!意外としっかり浮かんでいる。安定してそう。

それにしてもチェリストがヴァイオリンの上で演奏してるっていうの、なかなかシュール。しかもブリッジの部分に腰掛けるとか、いや座るならそこしかないんですけど、20倍のサイズとは言え結構そこは薄いことに変わりがないんで痛そう&割れたりしないんか。

ヴァイオリンのブリッジ(駒)の厚さって、気になって調べたところ4.5mmぐらいらしいんで、正確に20倍サイズにしていたらおよそ9cm。そんな幅しかないんだったら座るのはやっぱり痛いでしょう。椅子を持ち込むとかすればよかったのかもしれませんが、そこは製作者のこだわりということですか。長時間の演奏は困難すね。あ、じゃあリクエスト!コダーイの無伴奏チェロソナタ、お願いします!!(やめろ)

あとチェロのエンドピンをヴァイオリンにぶっ刺したらせっかくの作品に傷が、とかも思ったんですが先端にゴムがつけられているようにも見えるのできっと大丈夫、無傷。

0 0 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments