ギリシャが明日からロックダウン。カーネギーホール、来年4月5日までの全公演を中止

ヨーロッパからまたもロックダウン情報。

次はカラスとミトロプーロスとバッカウアーとクセナキスとカヴァコスとヴァルツァとクルレンツィスの国、エーゲ海の輝くギリシャ。これは部分的ロックダウンだそうですが、no gatherings ということで、集まっちゃダメなのよ。3日つまり今夜日付が変わった段階からコンサートホールや歌劇場もすべて閉鎖。1ヶ月間だそうです。深夜の外出も不可。ただし、県をまたいでの旅行はオッケーなんだそうです。ここで踏みとどまって完全ロックダウンを回避したいという狙い。

https://greekcitytimes.com/2020/10/31/covid-19-greece-lockdown/

またニューヨークのカーネギーホールは、中止期間を延長しました。来年の4月5日までのすべての公演を中止ということだそうです。

https://www.carnegiehall.org/Coronavirus-Information

暖かくなるまではまあ無理やろ、ということでしょう。4月の第一週までヤメ、という判断ですが、最終日に引っかかって中止となる主催者にしてみたら、その次の日から上演できるなのはなんでや、ということにもなるかもしれません。いや反対に、ああ中止でよかった、と安堵のため息をつく人も多いかもしれません。なお、どういう基準でこの日付が選ばれたのかはわかりません。詳しい方おられましたら教えて下さい。

ワクチンはもうできた、もうできる、という報道合戦のようなものが一時ありましたが、いまだにワクチンが出来ていないようなのは、やはり1年半はかかる、と言われてきた専門家の意見の方がただしかったようですね。よくわからない副作用が出て実用化中断した、みたいなニュースもありましたね。これか。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/54467

深刻な副作用が見つかったと書かれています。ワクチンはこれからも絶対に出来ないんじゃないの、と言っている人もいますが、いずれにせよ現状でワクチンは「ない」わけです。北海道の状態がよくなさそうなのも、昨日は大阪が東京の新規感染者数を超えていたのも気になります。ともかく皆様本日もご安全に。

ハグなしビズ(キス)なし握手なし、なんなら肘とか拳とかでゴチゴチってやるのもしなくていいんですよ(ただ個人的になんかあの、肘をゴンゴンってやる画が苦手なだけなんです許して)。

4.8 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments