今日はアンドレイ・ググニンの広島公演

広島県広島市中区からおはようございます。ただいま午前6時26分。気温13度。晴れです。

昨夜食べたお好み焼きは、ミシュランがなんとかとか書いてありましたが、ちょっとまいちかな?と思ってしまいました。そんなこともあるある~!って朝からテンション高めにしています。山根です。広島の皆様、今朝もお元気ですか!

本日はついにアンドレイ・ググニンのピアノ・リサイタル広島公演です。何度も書いて来ました通り、今回の公演は「頑張れググニン」ということで、チャイコフスキー国際コンクールを受ける予定になっているアンドレイ・ググニン選手をみなで応援しようではないか、そういうコンサートです。※ただし出場者は発表になっていないため、出られないという可能性も、なきにしもあらず。はい。

面白いね、と話をするたびいろんな人から言われます。はい。面白いです。

急遽、という言葉が正しいと思うのですが、わりかし、ぎりぎりに決まったコンサートでして、明日と明後日は東京で2公演があります(※完売しております。ギチギチでして、当日券は一切出ません。そう言っても、来てみたら入れるかな?実は入れるんと違うん?と、そういう賭けでご来場いただいても、申し訳ありませんがお入りいただけません。ご容赦ください)。それに加えて、広島でも開催しようぜ!と、まあ、なんで広島だったのか、ということの理由は端折りますが、ともかく広島でと、そういう流れになったわけです。

そもそも開催が決まったのがぎりぎりでもありますし、おそらく、入場者数はそれほど多くないだろうと想像していました。しかし、なんということでしょう(例のTV番組風に)。このコンサートには大きな落とし穴があったのである。

発売してから分かったというその落とし穴というのは・・・・。それは、同じ日に、近所で人気ピアニストのコンサートがある、という落とし穴でした!!ガーン。

広島出身の、若くて、有名なコンクールで優勝していて、人気のあるピアニスト。おわかりになりますでしょうか。そうです、萩原麻未さんなんです。彼女のコンサートが、同じ日に近くの廿日市というところで開催されている・・・・。そしてこの近辺のピアノ好きの多くはその公演のチケットを買っている(しかもなんとそちらは完売!)・・・!!あああ、我々がこのことを知ったのは発売してからのことでした。遅かりし由良之助。ガクッ。

なんかチケットの売れ行きが鈍いと思ったら萩原麻未さんのコンサートとかぶっていたー!!という情報が入ってきまして、なるほど、と現実を見た気がいたしました。券売は二桁で低迷していたのである。

しかし最後の最後に来まして、ご関係者皆様の大変なご助力あり、券売がじわじわじわっと上ってきまして、あああいい感じ。このまま銀河系まで売れていけ―、と思いながら睡眠に入った昨夜の私でした。

というわけで、本日のアンドレイ・ググニンのピアノリサイタルは、広島市西区民文化センターで、午後6時開演となります。午後6時です。早めのスタートですからお間違えなきよう。場所は、JR横川駅です。600席と、かなり大きなホールです。売るほどチケットありますから、今夜することないなー、と思っているあなた!そう、そこのあなたっ!!ぜひ横川駅徒歩200mの広島市西区民文化センターへお越しください!!

自画自賛なんですが、コンクールの凱旋公演はちまたにあれど、コンクール直前の、応援しようぜコンサートなんていうのは、まず滅多と存在しないのであります!!

■アンドレイ・ググニン チャイコフスキー国際コンクール直前!応援ドライラン・コンサート in 広島西区民文化センターの詳細は以下より。当日券は17時より会場で販売いたします:

2019年5月10日 (金)アンドレイ・ググニン ピアノ・リサイタル in 広島