こんにちは、ブログ

みなさまはじめましてこんにちは。マイネームイズ・ゴロー。というわけでやってまいりました、はるばる武蔵野市よりMCSに参加することになりました。山根です。山根悟郎と申します。

MCSという団体っていうのでしょうか存在っていうのでしょうか、それはこれまでワンおばちゃんがやってきたのでございますが、これからは私、不肖山根が加わり、ちゃんとした(ちゃんとした?)法人として活動をしてまいります。今後二人三脚で、1足す1は5億、ぐらい飛躍できるように頑張っていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

で、あんた誰?ということでございます。山根とか言われても知らんわそんな人、舐めんなコラというお声がほとんどでしょう。はい。私が何者なのか、自己紹介いたします。私という人間は、ななしのごんべい。

自己紹介

まじめにやります。私は京都生まれ京都育ち。中3のとき「ピアニストになりたいんですけど」と音楽室をトントンと叩く。その時初めてツェルニーなる言葉を知り、芸大なんて無理無理、もっと簡単な〇○音大にしたら?いやむしろそうすべきと言われながらも、なんとか一浪の後に桐朋学園大学音楽学部のピアノ科に引っかかる。卒業ののち渡欧。ベルギーのブリュッセルに留学し3年間音楽に浸り切る。

自分は天才ではないのかもしれない、と現実がやっと見え始めてきたある日のブリュッセルにて、アルゲリッチとドーラ・シュワルツベルクのレコーディングセッションに潜り込み、二人が休憩時間に遊びで演奏し始めたリベルタンゴに戦慄を覚える。

あまりにもアルゲリッチの1音1音がキラキラと輝いていたため、「音楽を演奏するというのはこういうことなんだな、こらあかんわ。自分には逆立ちしたってできっこないわ」と無駄に達観し、演奏で食べていくことを断念。失意のうちに帰国。

縁あって音楽事務所アスペンに入社。3年の間音楽事務所のなんたるかを叩き込まれる。そののち武蔵野市民文化会館にて、9年半を過ごす。チケットを売るとはなにか、面白い企画とは何か、チラシとはなんなのかなど、コンサート制作のいろはにほへとからゑひもせすまでを人生5000回分ぐらい叩き込まれる。

やがて独立心が芽生え始め、クラシックの企画をほぼ一手に引き受けるようになって6年ほどでとうとう退職することになった。

大阪のおばちゃんと関西人気質で今後東京の音楽シーンに殴り込みを、、、、いえ、そろっと入り込もうと計画中である。

このブログでは、コンサートの裏方秘話など、普段はなかやか目にすることのできない情報などを発信して行きます。だいたい毎日更新する予定ですので、毎日とか数日おきとかに見に来ていただけますと大変幸いです。

そして、我々は今後コンサートを開催していきますので、ブログが面白いなともし思っていただけましたら、コンサートのチケットもご購入いただけたりなんかしますと私達は気が触れたように大喜びいたしますんで、そこんところよろしくお願い致します。

それでは改めまして、これからどうぞよろしくお願いいたします。今日のところは挨拶のみにて、それではまた明日から。チャオ!!!!

5 1 vote
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments