ヴェッセリーナ・カサロヴァ プログラム全曲決定

みなさん、おはようございます。本日は日曜日。雨。毎日天気の良い日の早朝は外を歩くようにしていますが、今日はだめです。残念です。

しかしいい知らせもあります。それは・・・。ヴェッセリーナ・カサロヴァのリサイタル2公演、そのプログラムが全部決定だあああ!!!っていうお知らせです。おおそいつぁめでたい、ドヤドヤガヤガヤ。

どういうプログラムなのか。端的に言って、いま本人がもっとも歌いたいという曲を並べていただきました。考えに考え抜いた結果の結論です。つまり、本人のやる気も100%なら充実度も100%、いやむしろそれ以上、それぞれ120%ずつの合計14400%なのです!!(掛け算するな)

気になる?気になりますね。そこのあなたも、そちらの方も、とても気になってワクワクしている様子がわかりますね。何?気にならない?そんな意地悪な事は言わず、どうぞお願いだから見ていってえ!!

好奇心こそが人を成長させる果実なのだ。我が家の長男もいろいろなことに関心を持ってあーだこーだと質問してくれる。じつに佳きかな。

●オペラ・アリア
9月7日(水)18:45 愛知県芸術劇場コンサートホール
9月10日(土)14:00 サントリーホール

ハイドン:カンタータ《ナクソスのアリアンナ》より
グルック:歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》より 『エウリディーチェを失って』
ロッシーニ:歌劇《タンクレーディ》より 『おお祖国よ!〜君はわが心を燃え上がらせ〜この胸の高鳴りに』
ロッシーニ:歌劇《セミラーミデ》より 『とうとうバビロニアに帰ってきた〜ああ!あの日を私は絶えず思い出す』
サン=サーンス:歌劇《サムソンとデリラ》より 『あなたの声に私の心は開く』
マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》より 『ママも知るとおり』
チレア:歌劇《アドリアーナ・ルクヴルール》より 『苦い喜び、甘い責め苦』
ビゼー:歌劇《カルメン》より 『ハバネラ』(恋は野の鳥)

●歌曲
9月14日(水)19:00 紀尾井ホール

ベルリオーズ:歌曲集《夏の夜》作品7
  「ヴィラネル」
  「ばらの精」
  「入り江のほとり」
  「君なくて」
  「墓地で(月の光)」
  「未知の島」
—–
シューベルト:
  《漁師の歌》D881b
  《水の上で歌う》D774
ブラームス:
  《青春の歌1》(わが恋は緑)Op.63-5
  《ひばりの歌》Op.70-2
  《永遠の愛について》Op.43-1
ブルガリア民謡:
  《いっておくれ、小さな白い雲よ》
  《メロディ》
  《花娘》
  《カリマンク・デンク》

以上です。これを充実のと呼ばずしてなんと呼ぶ、という内容であります。歌曲については、これは自信がすぎるかもしれないが、私でなければ歌えない内容である、とのコメントもついております。

世界を代表する当代屈指の大歌手であり舞台の上で放つオーラもスペシャル、だが一旦舞台から降りると極めてフレンドリーで優しく親しみやすく、チャーミングで素敵なディーヴァ(説明が長くてすいません)、ヴェッセリーナ・カサロヴァのコンサートへと赴き、自分の魂を磨こうではありませんか!

チケットのご予約は以下から(名古屋公演は7/1一般予約開始です)

9/10(土) 14 :00 サントリーホール『オペラ・アリアの午後』

9/14(水) 19 :00 紀尾井ホール『歌曲の夕べ』

●9/7(水) 18:45 愛知県芸術劇場コンサートホール(7/1発売)

5 1 vote
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments