テノール歌手がインドの秘境で歌い、ギネス記録を獲得。

トリニダード・トバゴの首都、すぐに言えますか。小学校のとき、憶えたよね、授業中に(授業を聞かず地図帳を熱心に眺めて過ごした記憶を持つ人)。

正解はポート・オブ・スペイン。

なんて名前だ、と思ってワクワクしたのを憶えていますね。もう30年以上も昔の話だ・・・。「緑の木々に囲まれて、朝日輝く学び舎の、若竹のごとすくすくと、伸びゆく子らの声溢れ、伏見の丘にこだまする、夢多き城、藤城小学校」。私が卒業した小学校の校歌です。憶えてるもんだね。同じ学校卒業した子、集まれ!(集まったらすごいわ)

トリニダード・トバゴ出身のオペラ歌手ニール・ラッチマンさんは、標高3495メートルもあるインドの秘境「レー」(Leh)という街でハープと一緒に歌い、このたび、ギネス記録を与えられることになった。インドとは言え、住んでいるのはほとんどチベット民族、というところだそうです。

歌ったのは2018年9月5日だそうなんですけど、そして「ハイエスト・オペラティック・ハープ・パフォーマンス」という、全くよくわからないギネスレコードなんですけれど、とりあえず、おめでとうおめでとう!へー、ふーん、そうなの、とか思いながらなんとなくYouTubeで検索して見てみましたところ、一気に私の目は釘付け。

めっちゃ街が美しい。

学生さんの前でも歌っていて、一緒に歌ったりなんかしてさ。学生さんたちに大受けしているのも最高ですやん。なんかこう、じわっときました。こういうのに我々は今、飢えてますよね。じわっとくる、いいかんじ。

4分弱の動画ですけど、超絶な景色美と、地元の人達とのふれあいになんか感動して生きるエネルギーを充電してください。ぜひ。

4.3 6 votes
この記事の評価
guest
1 コメント
古い順
新着順 高評価順
Inline Feedbacks
View all comments
tantan

初めまして。毎日のように貴重な記事や個人的な興味深い楽しいお話ありがとうございます。内容もさることながら文章がとても!魅力的でそれだけで惹き込まれます。これからも楽しみにしています。