MCSは渋谷区の仮オフィスでじわじわと活動を展開中

MCSは一般社団法人に、そうです、法人になりました。それは昨年11月1日のことでした。奇しくも、完売御礼と相成りましたアレクセイ・リュビモフのサントリーホール公演のまさに前日のことでした。本当に嬉しい。

これまでMCSはひとりぼっちすなわち「ワンおばちゃん」体制でやってきましたが、4月からはJR三鷹駅方面より素晴らしい人材がやってくることになっております。本当に嬉しいことです。が、しかしそれまではまだ一人でございます。ワンおばちゃんは何を隠そう何も隠さない、事務の方面について言えば、本当のことを、あえてここで言うなれば、あまり、いえむしろ全然得意な分野ではありません。しかしながら、あっちへうろうろ、こっちへヨタヨタしながら、そしていろいろな方のご助言、ご支援を賜り、無事に法人の登録ができたのでございます。関係者ご各位に深く感謝を申し上げます。

登記簿謄本を目にした時、そしてようやくのことで銀行およびゆうちょ銀行の口座が開けたその時、いろいろな感情がこみ上げてきたのでございます。ああ嬉しい。これで枕を高くして眠れることでしょう・・・。スースー。

目を覚ましまして、それでは具体的にどうやって活動していこうかと言うときにはたと、気がついてしまったのです。ええええっと・・・・事務所が・・・ないな。

この世でもっとも大切なことはヒューマンリソースではございますが、せっかくのヒューマンリソースも、その才を発揮していただく場所がないことには始まりません。もちろん法人でございますから登記されているちゃんとした住所があるのですが、事情によりわりと大掛かりな工事をしなければ使えない。そしてどうもそれには数ヶ月がかかりそうだ。ああ(絶望)。

さてどうしよう。

レンタル・オフィス、バーチャル・オフィス、コワーキングスペースなども考えましたが、またしてもご縁と関係者皆様のたいへんなご厚意をたまわり、渋谷区内の、とある駅前にあります古き良き昭和の香りの商店街の中に場所を、そう、仮オフィスを構えることができました。

その広さおよそ2畳。しかし、そもそも身の丈に合った場所から始めるべきであると信じていることもあり、ここでスタートを切ることは自分たちにぴったりであろうと、このように考えました。住めば都とも申します。

NTTに電話をして固定電話も無事に引くことができました(もちろん、仮オフィスから本オフィスに引っ越す時に同じ電話番号を持っていけることも確認済みでございます)。最初のコンサートであるマリア・バーヨ ソプラノ・リサイタルのチラシももう間もなくできますし、チケット予約の電話もこれにてお受けすることができます。ということで、今後活動を活発化していくMCSをどうぞご贔屓にお願いしたいと切に願うものでございます。

とりあえず明後日、2月17日日曜日マリア・バーヨ(ソプラノ)2公演のチケット発売日です。午前10時より発売いたします。MCSの電話でもチケットのご予約を承ります(通常電話受付は平日10時から17時までですが、明後日は発売日なので、もちろん電話の前でわくわくしながらお待ち申し上げております)。

それでは明後日、MCSは早起きして多くの皆様からのご予約を心よりお待ちいたします。ご予約は以下よりお願いいたします。

マリア・バーヨ ソプラノ・リサイタルチケット予約:
■電話予約:MCS 03-3473-2880(午前10:00-17:00)
■インターネット予約: マイチケ https://myticketnavi.com/