【ニュース】オペラ・オーストラリアが「再編成」=人員を削減へ

サザーランド&ボニングの国オーストラリア。カンガルーとコアラの方の国です。オーストラリアのオペラハウスと言えば、シドニーのこれですね↑

街の名前と同時に出てくるたぐいの、東京タワーとかエッフェル塔的な名物であります。ここを本拠にしているのがOpera Australia、オペラ・オーストラリアです。国立です。

https://opera.org.au/

シドニーのオペラハウスは音響が最悪らしいっていうのは時々耳にする話でなんたらかんたら・・・ゲフッゲフッ、ゴフッゴフッおや誰か来たようだ。

オーストラリアのクラシック音楽ニュースを読むならおなじみのライムライト。チャップリンではありません。ライムライトです。

https://www.limelightmagazine.com.au/news/covid-19-forces-opera-australia-to-restructure-and-sell-building/

このオペラカンパニーもいま大苦境。3月からずっと公演は中止。570以上の公演が中止となり、7500万ドル以上のチケット収入が消えたとあります。57億円ぐらいです。今年の残りの公演も全部中止か延期だし、今後の不確実性も多く残っている、と。政府からの緊急支援も受けているそうですが、それだけでは足りず、自前の倉庫を売却してるそうです。それでもどうやら足りない。オペラカンパニーはともかく人の数が多いですしね。

何人ぐらい働いているのか。Jobsのページをみますと「パーマネントで働く300人以上のアーティストとスタッフがいて、それに加えて年間1000人の雇用を提供している」って書いてある。つまり毎年1300人ぐらいが働いているってことか。

その人員削減が行われることが明らかになりました。具体的な数字は出てませんが、どのように「再編成」するかはもう決まっているらしく、今週まさに肩たたきが行われるとのことです。また有期雇用およびバイトの契約更新についても一時凍結すると書かれています。

As a result of the restructure, the company has identified a number of roles across the company that will no longer be required. Staff who are affected will be consulted next week.

再編成の結果、カンパニーは不要となった業務を洗い出した。影響を受けるスタッフは来週(※今週のことです)面談を受けることになる。

切ないっすね。

4.3 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments