ニューヨーク・リンカーンセンター、再開への第一歩

ニューヨークのクラシック音楽の一大拠点、リンカーンセンター(メトロポリタン歌劇場とかがある)が劇場の再開に向け動き出しました。4月7日の世界保健デー、この日に再開するというニュース。医療従事者向けのコンサートが計画されているそうです。詳細は追って。

https://lincolncenter.org/lincoln-center-at-home/series/restart-stages

再開とは言うものの、いま計画されている10のイベントはすべて屋外で開催する模様。まだまだフル回復への道は長そうです。アメリカで、屋内で、キャパシティフルでイベントをすることに対する抵抗感が薄れるのはかなり先になるのでは、下手すると年単位で考えないといけないのでは、とは悲観的過ぎるでしょうか。

すでに劇場が動いている日本からしますと「ようやく」という感じもいたしますが、日本でも劇場のキャパシティーはまだ50%に制限されていますし、それでもなお券売はおしなべて低調という印象なので、まだまだ日本だって、というところではあります。

暖かくなってきたら、また気分も上向きますでしょうか。それともボディブローのように経済的ダメージが効いてきてますますエンタメには足を運ばなくなるのでしょうか。国内でも予算カットの声があちこちから聞こえてくるだけに、見通しはかなり厳しそうです。

ところで以下独り言。6年間使ってきたノートパソコンが不調です。とりあえず昨日一日かけてクリーンインストールをして復旧しましたが、まだ道半ば。今日もこれから復旧作業をいたします。だいたいデータ類はクラウドで保管していたのでほぼ無傷のはずなんですが。

5 2 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments