日本滞在中の指揮者スペランツァ・スカップッチ、フランスの芸術文化勲章を受章。

女性指揮者のスペランツァ・スカップッチはいま、東京の新国立劇場にて、ドニゼッティの過激、じゃなくて歌劇《ランメルモールのルチア》を指揮している最中であります。これです。

https://www.nntt.jac.go.jp/opera/lucia/

明日金曜と日曜日、あとニ回上演が残っております。Facebookを拝見しますとお休みの日に池袋あたりに出没していたり、富士山を見にいっていたりしてなかなかエンジョイされているご様子。写真見たかんじ富士山の近く忍野八海ちゃうかこれ。天気悪いと近くても見えないこともあるんで、きれいに見えたのはラッキー!

どうでもいいんですけど、スカップッチっていう言葉の響きが可愛らしくて大好き。なんかこう、ちっさい泡が弾けてるような感じもしませんか。ほらほらみんなも言ってみて、スカップッチ、スカップッチ、スカップッチ。うおおおお!かわええええ!!!・・・・共感して頂けないっていう方はそっとこのページを閉じてヤフーニュースでも見てて下さい。コメント欄でも眺めて心がすさめばいい(やたら被害妄想チックなやつ)。

昔、私がまだ高校生だった頃、イタリア人家族が実家にやってきたことがあります。ある時日本語辞書にfu-fuという単語があるのをお父さんが見つけ、お母さんと一緒になって20分ぐらい腹が破れるぐらい笑い転げていたのをよく覚えています。なんだこりゃ、フーフーだってよ!!ウギャーーーーハハハハハハ!!!!フーフー!フーフー!!ヒーーッ!!ゲラゲラゲラゲラ、バタンズシンドタン!!!!

ちなみに二人が笑っていた単語は、そう、「夫婦」です。漢字で見るのとアルファベットで書かれているのとでは全く受ける印象が変わりますよね。おもろいことに気づかせてくれてありがとう感謝。

さて、話を本来の道に戻しますと、イタリアの希(のぞみ)さんことスペランツァ・スカップッチさんがですね、フランスの芸術文化勲章を受賞したというニュースです。おめでとう三唱!!

https://operawire.com/speranza-scappucci-named-chevalier-des-arts-et-des-lettres/

本人の喜びの投稿↓

⚠️CHEVALIER DE L’ORDRE DES ARTS ET DES LETTRES de la REPUBLIQUE FRANÇAISE 🇫🇷 !!!! È con immensa gioia e profondo onore…

Speranza Scappucciさんの投稿 2021年4月20日火曜日

フランスの芸術文化勲章はシュヴァリエ→オフィシエ→コマンドゥールと位が上がっていきますが、今回彼女が受賞したのはシュヴァリエです。まだまだお若いですから(つっても私より年長ですが)、これからさらに先へと進まれるのでしょう。Wikipediaによると次のステップ?には受章から5年以上を経ていないといけないほかのルールがあるそうです。

日本人の受賞者も多数いますが、例えば漫画家の谷口ジローさんがシュヴァリエを受賞している。い、の、かし、ら・・・ゴローぅ!!

失礼いたしました。

スカップッチさんのますますの今後のご活躍をお祈りいたします。残り少ない東京滞在もエンジョイして欲しい。

4.8 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments