サンフランシスコ・オペラに行きたい?12歳以上ならワクチン接種をしてから(聴衆、出演者、スタッフ全員)

この秋からいよいよ活動を再開させようとしているアメリカのクラシック音楽界ですが、デルタ株の急増もあり、その対応は簡単ではなさそうです。

サンフランシスコ・オペラは聴衆全員にワクチン接種証明とマスクを求めることになりました。PCR検査の陰性証明だけではだめ。そしてこのルールには子供も含まれていて、12歳以上は必須ということにした模様。12歳未満の子供についてはチケット購入時に事務局と話し合いが必須ということになっていて、どういう風に解決するのかはわかりませんが、なんらかの対応がなされるのでしょう。

https://operawire.com/san-francisco-opera-updates-safety-protocols/

https://www.musicalamerica.com/news/newsstory.cfm?storyid=48293&categoryid=1&archived=0

ちなみにワクチンの接種はどういう風に証明できるのか、というと、購入時に証明書そのものを持ってくるか(窓口)、画像を提出する(ネット購入)必要があるそうです。

子供にワクチンを受けさせるべきかどうか、ということは激論が交わされているようですが、厚生省のサイトによれば12歳以上は無料のワクチン接種対象者になっている。インフルエンザのワクチンも小さい頃から打てるから、コロナも大丈夫なのでは、とも思ったりもしますが、なかなか心理的なハードルも低くはなさそうです。

この前も書きましたが、カーネギーホールの場合は聴衆だけでなく出演者側の全員にも接種を必須としてる。このルールは貸し館の場合でも適用されるそうなので、ホールを借りたい団体は全員がワクチンを打っていない限り利用できないということで、大変厳しい。日本はまだまだワクチンが進んでいませんがアメリカは希望すればほぼほぼす出来るっぽいので、ホールを利用したい団体はなんとかして全員に打ってもらうか、拒否する人を外して別の誰かを連れてくるか、という対応をとらないといけないわけで、ウィズコロナはやはり楽ではありませんね。

私も昨日ようやく、1回目を打ってもらってきました!

5 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments