米サンフランシスコ・オペラ、マスク1万枚を製作、福祉施設などに寄付。

サンフランシスコ・オペラに関するニュース。同オペラももちろん閉まっておりますが、衣装担当者たちは忙しくしている。

https://www.nbcbayarea.com/news/coronavirus/san-francisco-opera-workers-reach-milestone-in-ppe-mask-production/2335107/

何している?マスクを縫っている。20人の衣装係が、1人につき1日平均5枚のマスクを縫っているそうです。その結果、完成したマスクの数はついに1万枚に到達したとのことであります。ババーン!!1日100枚ってことは100日かかっているってことか。三層になっているよ。専門家だから、形も作りも超しっかり。柄も美しい。

柄がきれいなのには、ちゃんと理由がある。

「もともとこの黄色い格子柄は『西部の娘』(プッチーニ)のための生地なんです」。なるほど衣装用の生地をマスクにしてるんすね。確かに生地はいろいろありそうだ。「私達は忙しくしていたいの」。「こうやって外に座って(ミシンを踏んで)いると近所の人たちとお話もできるから嬉しいわ」

ここはアメリカなので、やりがい搾取みたいなことになっておらずきちんと支払いを受けている、と信じます。それにしても、こういうストーリー付きのマスク、いいっすね(すっかり乗せられてるやつ)。欲しいかも。ほとんど引きこもりと言えどそろそろ自分の洗濯式布マスクもくたびれてきたし。

いろんな衣装のための生地があるわけでしょう。想像も膨らむというもの。たとえば、これはカラフでこれがリューで、、、、えーっと、これはピンかしら、ポンかしら、それともパンだったかな?(その3人なら大概どれでも一緒ちゃいますか)。そしてこれはサロメの例のやつね(マスクには薄すぎたり網目が粗かったりしませんか)、特別にヨハネくんもワンポイントであしらっといたから(怖いっす)。そしてこれがスペシャルなのよ!!緞帳よ別珍よっっ!!(重すぎる)

こういうのってなんかええやん。

しかし皆さんどうか安心して欲しい。マスクは高値で販売されたりするのではなく、すべて消防士、社会福祉施設、医療団体などに寄付されているから。イソジンでGo Toメルカリみたいなことには決してならないから。

5 3 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments