「シールド着用に効果なし」。合唱の危険性について、ドイツの研究者による新たな知見。

6月9日付けのニューヨーク・タイムズ紙です。

合唱がふたたび安全になるのはいつか?
When Will It Be Safe to Sing Together Again?
https://www.nytimes.com/2020/06/09/arts/music/choirs-singing-coronavirus-safe.html

この記事で書かれている内容には、これまで知らなかった情報や個人的に覚えておきたい情報が含まれていましたので、書き出します。上の画像は上記ニュースの中にあるもので、ドイツのバイエルン放送が撮影したものだそうです。

●カリフォルニア大学デービス校の化学エンジニア、ウィリアム ・ リステンパート教授「歌うこと、とくに屋内の閉じた空間で歌うということは、現在の理解ではひどい考えだといえる」

●リステンパート教授「匂いのようなものだとおもってください。家の中でだれかがチョコクッキーを焼き始める。するとやがてあなたのところにもチョコレートの香りがただよってくるでしょう」。換気が悪い部屋にはエアロゾルが溜まってしまうのです。

最近になって我々の頭の中に刷り込まれた「エアロゾル」という言葉。なんとく空気中を漂う飛沫、というのは理解していましたが、いまいちぴたっと理解できていなかったところ、上のようにわかりやすい表現が使われていて、ははあ、と思いました。この言い方だと誰もがイメージがしやすいですかね。

●ドイツのバイエルン放送は合唱団の協力を得て研究をしているようです。研究者たちは、なにも口につけない状態、マスクした状態、シールドをつけた状態などについて調べているそうです。

特に「フェイスシールド」についての報告は重要かなと。マスクってのはそもそも息が苦しすぎて現実的ではないでしょうから、シールドを使うというのは、歌いにくいとか聞こえないとかそういうのはともかくとして、合唱団にとって一番現実的な対応策のようにも思えます。ソウルの今月の「マノン」上演にあたってはリハーサルをシールド着用でやっているような写真もありました。

しかしこの研究のプロジェクトリーダーであるマティアス・エヒテルナハ氏によればシールドは「残念ながら意味がない」そうです。エアロゾルはシールドに当たったのち、シールドの周り、部屋全体に広がっていったとのこと。

 but in his team’s experiments, the aerosols simply hit the shield, then spread out around it and into the room. “They’re meaningless,” he said. “Unfortunately.”

なるほど・・・。

●ではいま安全な合唱とは?ハルステッド博士「少人数で、屋外で、風が背中からあたっていなければ」

現実問題、土地の狭い日本の屋外で合唱やったらかなりの確率で苦情来ますね。人のいない広大な公園とかでなければ難しい。

・ ・ ・ ・ ・ 

まとめてあります】合唱とコロナに関する当ブログの記事一覧は以下ページにまとめてありますので併せてお読みください↓

4.1 29 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments