米スタインウェイ、工場を完全に再開

昨日はマンダー・オルガン社というロンドンのオルガン製作会社が破産したというニュース(※)をみて気持ちが落ちましたけれど、こちらは明るめのニュースですか。

ニューヨークのスタインウェイが工場を完全に再開したというニュース。

https://www.ny1.com/nyc/all-boroughs/news/2020/07/22/steinway—sons-piano-factory-reopens

https://www.musicalamerica.com/news/newsstory.cfm?storyid=45665&categoryid=1&archived=0

世界最高峰のピアノメーカーと言われてきたスタインウェイにはアメリカのニューヨーク製とドイツのハンブルク製があります。日本にあるスタインウェイの大多数はハンブルク製です。けっこう音が違うんですよ。もちろん1台1台個性があるわけですけど、専門家でなくても説明を受けながら聴きくらべたら違いがわかると思います。

今日のニュースはアメリカのスタインウェイの話。同社は150年以上の歴史上初めて、4ヶ月間休業したそうです。それにあたって大半の従業員を一時解雇せざるを得なかったそうなんですが、今月頭から20%を再雇用、そしてこのたびいよいよ200人以上が復帰し、100%稼働となったそうです。めでたい。消毒液の使用や休憩時間をずらすなどの対応をとっているとのことであります。

「スペイン風邪のときも戦争のときも閉じていなかった」とありますけれど、そのときと今とでは状況も人の考えも違いますんで、マイナスイメージではない。

このシャットダウン中の売上も通常の60%程度と好調だったそうです。ゲームとかは巣ごもりで猛烈に売上を伸ばしているという話ですが、スタインウェイのピアノも、さすがに売上爆増とはいかないけれどそこそこ売れた。このまま60%前後で推移すると厳しいんでしょうけれど、じわじわと上がっていけばいいですね。

このニュースには2分ぐらいの動画もあって、社長がインタビューに答えている。ピアノが作られている様子も映されれいますんで、工場好きのみんなはワクワクしながらご覧ください(なおそれは自分のことだとも言う。工場見学行きてええええ!!)。

社長がつけてるスタインウェイのロゴ入りマスク、ええやん。わたしやっと最近黒いマスクも見慣れてきた。あと最近ある人に教えて頂いて知ったんですけど、マスクって自分でデザインしてオーダー出来るんすね。「マスク プリント」とかで検索したらOK。

※マンダー・オルガン社は7月27日倒産。ロイヤル・アルバート・ホールのオルガン修復、セント・ポール大聖堂のオルガン修復などの大きな実績を持っていた。1936年創業。日本にも同社製作のオルガンが複数あって、有名なところでは浦上天主堂など。https://mander-organs.com/

4.8 4 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments