弦楽器演奏に革新をもたらす?「ヴィオグローブ」がアメリカで発売

私が深夜の蚊の襲来に悩んでいる間に「VioGlove」なる新製品が爆誕した!

おそらくヴィオグローブと読むのであろう。あるいはヴァイオグローヴと読むのかもしれないが、それは大きな問題ではない。このニュースの本質的な部分は、ヴァイオリンの演奏に革新的な何かをもたらすかもしれない、ということ。ほんとうか。

https://www.theviolinchannel.com/vc-giveaway-win-1-of-5-viogloves-for-violin-viola-or-cello-peter-kaman/

それにしても、かゆくていけない。

我が家のお猫様の仕様に「蚊の撃退」の4文字はないので、横であくびしてやがる茶トラを恨めしく眺めつつ、自力でなんとかしなければならなかったのだが、見えぬ、見えても捉えられぬという二重苦にさんざん悩まされた挙げ句、布団を被って寝る、という行動にスイッチしたが、そしてどうやらそれは成功したようなのだが、根本的解決には至っておらず、本日中になんとしても撃破せねばならぬ ― それが私に課せられた本日唯一の仕事である。

なんかこれ、自転車のグローブのように見えますけれど、まさしく、おふざけで自転車のグローヴの指を切ってヴァイオリンを弾いてみたら何もかもが違ってしまった、的な感じで生まれたのだそうでございます。

製作したのはピーター・カマンというヴァイオリニストで、いわく、シフトをスムーズにし、音程を改善し、ヴィブラートがしやすくなる。ヴィオリニストだけでなく、ヴィオラやチェロ奏者だってOK!ってことなんだそうです。

どうなんですかね。これが劇的に誰にでも効果があるっていうことになって、すべてのオーケストラ、すべてのソリスト、すべての室内楽奏者がこのグローヴをはめて演奏するようになったら、弦楽器界に革命が起こる!かもしれないし、ひょっとしたら単に気持ちの問題なのかもしれない。それは使ってみた人だけがわかる!!

お値段は29.95ドル(3,300円ぐらい)。XSからXXLまで、お手々のあらゆるサイズに対応。送料は別途。片手だけなのに高いとか言ったらあかんのやと思いますよ。世界中に送ってくれるみたいなので、ご興味のある方は以下公式サイトに行ってみてください。ってか誰か試して結果を教えて!

https://www.vioglove.com/

なお、この商品を紹介しているヴァイオリン・チャンネルも「まだその効用は不明」としておりますので、そこのところはお気をつけくださいませ。

5 3 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments