ユジャ・ワン三昧、30分勝負

まるで回転寿司の新メニューのようなタイトルだなと思いました。

朝から次男が幼稚園に行きたくないと喚いて閉口しておりますが、その理由が「音楽の時間がいやだから」と聞いて、それは聞き捨てならねえと色めき立ちながらキーボードを叩いています。キーボードといってもパソコンの方だからな。ブログはかならずパソコンで書きます。スマホでは無理ナリよ。

・・・と、ここで突如やる気スイッチが入ったか、ご機嫌で出かけて行きました。ありがてえありがてえ。おや、汚い言葉を使うな・・・・?

さっきユジャ・ワンがフェイスブックに、若い頃からの(だんだん成長していく)抜粋動画を載せていて、30分もあって、長いなとおもいながらうっかり再生ボタンを押してしまったら全部みてしまいました。ああ朝の貴重な時間が失われてしまった、返して欲しい。

https://www.facebook.com/watch/?v=328905858223993&extid=SVKfLPWHoz3ev5tw

9歳のアラベスクで始まりますがその様子がもはやユジャ・ワンであり三つ子の魂が百まで行くんだろうなという感じ。14歳の時にショパンの10-2弾いてるのも、あー、わかるわー。19歳のバラード1番のコーダやや不完全燃焼っぽいかなという気もしますが、21歳のラ・ヴァルス、22歳の熊ん蜂の飛行、23歳のトリッチ・トラッチ・ポルカあたりは人間の限界突破を知ることできるので、おすすめ。

演奏される全部の曲をよどみなく言い当てられたあなたにはマニア度初級レベルを差し上げたいと思います。オーケストラ名と指揮者名と会場名も言い当てられるようという方には中級レベルを差し上げます。演奏日まで当てられるという方はマニア度Sクラスを差し上げます。よくわかりませんけれど。

ユジャ・ワンを超えるテクニシャンがいたら誰か紹介して欲しい(いろんなご意見が出そう)。

仕事してきます。

5 3 votes
この記事の評価
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments