2023年9月12日 (火) ドミトロ・ウドビチェンコ ヴァイオリンリサイタル in 広島

2022 年シベリウス国際第 3 位
2018 年 ヨゼフ・ヨアヒム国際第 2 位
2023 年モントリオール国際優勝!

ウクライナの俊英 急遽来日!
!!広島特別公演!!

日時:2023年9月12日 (火) 18:30
会場: 広島市東区民文化センタースタジオ(広島県東区東蟹屋町 10-31)
出演: ドミトロ・ウドビチェンコ(ヴァイオリン)、油井 香澄(ピアノ)

プログラム


J. S. バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番
ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第1番
V. シルヴェストロフ 無言歌集より
ショスタコーヴィチ ヴァイオリン・ソナタ 作品134

*・プログラムは予告なく大幅に変更になる場合がございます。

チケット

自由席

一般 4,000円(当日4,500円)
プレミアムチケット(枚数限定)5,000
MCS会員 3,600円(当日4,100円)
MCS会員学生・23歳以下(枚数限定)1,500
※学生券はメールのみの受付です。

※未就学児入場不可

【主催】MCSヤング・アーティスツ 

お申込み

会場地図

略歴

ドミトロ・ウドヴィチェンコ〈ヴァイオリン〉Dmytro UDOVYCHENKO, violin

今年冬、MCSが招聘した同郷のヴァイオリニスト、アレクセイ・セメネンコをして、「今、ウクライナで最も弾けるヴァイオリニスト」と言わしめた若きヴィルトゥオーゾ。1999 年ウクライナのハルキウ生まれ。6歳でハルキウ音楽学校の特別才能クラスに入学し、ルドミラ・ヴァレーニナに学ぶ。多くの国際コンクールに入賞したほか、多数の国際音楽祭へ招かれる。14 歳からはドイツ・エッセンのフォルクヴァング芸術大学のボリス・ガルリツキー教授のもとで学ぶ。「ヤッシャ・ハイフェッツ・ヴァイオリン・コンクール」「オデーサ国際ヴァイオリン・コンクール」「アンドレア・ポスタッキーニ・コンクール」で優勝、入賞した他、2018 年「ヨーゼフ・ヨアヒム・コンクール」で 2 位に入賞している。2022 年「シベリウス国際音楽コンクール」では第3位。2023 年には「モントリオール国際音楽コンクール」で優勝を果たした。こでまでに、アナ・チュマチェンコ、クリスチャン・テツラフ、ドミトリー・シトコヴェツキー、ステファン・ピカール、レオニダス・カヴァコスらのマスタークラスを受講。2022 年からはクロンベルク・アカデミーのクリスチャン・テツラフのクラスで学んでいる。ドイツ音楽財団から貸与されたヴァイオリン、G. B. ガダニーニの「キングマン」を使用。

油井香澄〈ピアノ〉Kasumi YUI, piano

パーヴェル・ギリロフより「貴女の音楽は身体に染み渡る(your music goes under the skin)」と称賛された、英国育ちの日本人ピアニスト。2014 年ウィーンフィルハーモニー管弦楽団前コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏に招かれキュッヒル弦楽四重奏団と共演。第 23 回ブラームス国際コンクール(2016)室内楽部門では第1位および特別賞を受賞。れまでライナー・キュッヒル、ダニエル・フロシャウアー、ハインリヒ・コル、イネオやシンプリー弦楽四重奏団などと共演し、ボリス・ガルリツキーには「ここまで安心して共演できるピアニストは稀だ」と信頼を得る。2020 年に『トリオ・パレミ』を結成。オーストリアにてMusica Juventutis 賞を受賞後ウィーン・コンツェルハウスにてデビュー。2023 年 4月には女流作曲家の作品のみを取り上げたプログラムをウィーン楽友協会で演奏し、CD 化のオファーを受ける。2024 年に録音・リリース予定。3 歳よりピアノを学び、10 歳で渡英。ロンドンのパーセル音楽院にて英国政府から奨学金を受け、ベンジャミン・カプラン、ロシャン・マガブに学ぶ。在学中にウィグモア・ホールで演奏し、2009 年同学院卒業後ウィーンに拠点を移す。ウィーン国立音楽大学演奏学科ではミヒャエル・クリストに、ピアノ室内楽科ではアヴェディス・クユムジャンの下で研鑽を積み、2020 年同大学院修士課程を審査員満場一致の最優秀成績で修了

Video