MCSヤング・アーティスツとは / About MCS Young Artists

MCSはロンドンのメリルボーン地区にて2005年に産声を上げた。活動の大きな目的は、真の才能を持ち演奏家として羽ばたこうとするアーティストを支援することである。とくに26歳から33歳までの、教育機関の支援がなくなったあとの数年間という、キャリア形成における最も困難な時期の支援を目的としている。具体的にはそのような音楽家を3年から5年にわたって一名支援するMCS STIPENDIUMという賞を設け(Stipendiumに関する詳細はこちら)、受賞者のため数々のサロンコンサートをロンドンはじめウィーン、モスクワ、ヘルシンキ、また日本各地で実施してきた。

加えて、世代を問わず世界一流の演奏家たちを独自の視点で選別し主催公演を実施するほか、日本各地のオーケストラ、公演団体と協力し、聴衆にその高い芸術を伝えることをしてきた。また、これは、と思うコンサートや演劇などもジャンルを問わず紹介してきている。2018年11月には東京オフィスを開設。以降、主に東京にて活動を続けている非営利団体である。