MCSヤング・アーティスツとは / About MCS Young Artists

ロンドンはウィグモア・ホールのあるメリルボーン地区のモンタギュー・スクエアで2006年5月21日にMCSは産声をあげました。

当初は自宅を使ったサロン・コンサートを開催し、学生の演奏が主でしたので「聴いていただいた」という感謝の意味も込めてシャンパンとカナッペを皆様にお出ししていました。シャンパンを飲む前に演奏をお聴き下さい、と。そのうち両隣の家でもコンサートを開催させていただくようになり、やがて広場の向こう側のお宅でも・・・・という風に広がって行き、数ヶ月の間に7ヶ所で2週間おきに開催するまでになりました。

シャンパンか音楽かという感もなきにしも非ずでしたが、いつの間にかそれが定着し、地元の住民や知り合いだけではなく仲間が増えて行き、会員組織となるまでに発展いたしました。 会員の数が100を超えたころ、ちゃんとした名前をつけなければということになり、誰かが言いだして「メリルボーン・シャンパン・ソサイエティー」すなわちMCSとなったのです。

当初は、まさか会員が増えて継続性のある会になるとは想像だにしなかったので、これでいいかなと誰もが思っていました。 やがて入場料をいただくようになり「ただサロン・コンサートでシャンパンを飲むだけでは能がない、未来の音楽家を支援しよう」と、少額の -奨学金というには程遠いものですが- 支援金を5名の学生に提供することになりました。

さらにそこから紆余曲折があり、年齢にして26歳から33歳までの将来演奏家として活動するであろう人を3年から5年にわたって一名支援する”MCS STIPENDIUM“という賞となるに至りました(Stipendiumに関する詳細はこちらのページをお読みください)。

以来、MCSでは若い音楽家を支援すると同時に、音楽愛好家の方々に質の高い音楽や芸術文化を伝えることを主眼としてロンドンはじめ、ウィーン、モスクワ、ヘルシンキなどで主催公演を実施してきたほか、主催公演とは別に、皆様にこれはぜひ、と思うコンサートや演劇などもご紹介してまいりました。

2018年11月、日本における活動を本格化させるべく、一般社団法人MCSヤング・アーティスツとして法人登録。2019年4月からは武蔵野市民文化会館でクラシック音楽担当として長年、多数のコンサートのプロデュースをされてきた山根悟郎氏を迎えました(当サイトにおけるブログはほぼ山根氏が執筆しています)。今後さらに広範な活動を続けたいと思っております。