今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げる次世代のスターヴィオラ奏者。タベア・ツィンマーマンおよびアントワン・タメスティに師事し、その才能を開花させた。ウィグモアホールでは今後継続的に出演する事が決まっているほか、世界を代表する著名指揮者やピアニストとの活動も次々と決まっている。世界にスターヴィオラ奏者は非常に少ないが、その一人になり得る希有な才能の持ち主である。

2019年にBBCニュー・ジェネレーション・アーティストに選ばれた、同世代で最もすぐれたヴィオラ奏者の一人。

2019/20シーズンはリール国立管、カメラータ・ザルツブルク、フィルハーモニア管、ヨーロッパ室内管、タピオラ・シンフォニエッタ、ボルドー・アキテーヌ国立管、アーヘン響などと共演し、ハルモニア・ムンディのノヴァ・シリーズおよびClavesレコードに録音する。またスティーヴン・イッサーリス、ジョシュア・ベル、ジェレミー・デンク、カルテット・アロド、ナッシュアンサンブルとウィグモアホールで共演。ベルリン・コンツェルトハウス、ハイデルベルクの春音楽祭、モンペリエ音楽祭、アスペン音楽祭にもデビューを果たす。ベルゲン、ローセンダール、エヴィアン、ボスヴィル、エルネン、モリボスなど、ヨーロッパ各地の音楽祭に招かれている。

そのほかの主だった活動として、ウィグモアホールではリサイタルを複数回開催し、ルーヴル美術館やルツェルン音楽祭にも出演。ロッケンハウス、ハイムバッハ、クロンベルクの各音楽祭に出演し、イザベル・ファウスト、ジャニーヌ・ヤンセン、キアン・ソルタニ、ベンジャミン・グローヴナー、ラルス・フォークト、ニコラ・アルテシュタット、クリスチャン・テツラフなどと共演する。また日本でもリサイタルを開催したほか、内田光子に招かれマールボロ音楽祭に参加。

2018/19シーズンはハンブルク響にデビューし、バーデン=バーデン・フィルにレジデント・アーティストとして出演、チューリヒ・トーンハレ管とはウォルトンの協奏曲を演奏した。クリストフ・エッシェンバッハ、デイヴィッド・ジンマン、ガボール・タカーチ=ナジ、シルヴァン・カンブルラン、ジェイミー・フィリップス、サー・アンドラーシュ・シフなどの指揮で演奏した。

2016年、ライオネル・ターティス国際コンクールで優勝、ヤング・クラシカル・アーティスツ・トラスト(YCAT)のアーティストに選出された。2019年にはグシュタード音楽祭においてティエリー・シェルツ賞を受賞。2014年にはセシル・アロノヴィッツ国際コンクールでも優勝している。

1995年ロンドン生まれ。英国王立音楽院で学び、最優秀の成績で卒業。クロンベルク・アカデミーでは2019年に今井信子に学び、2018年は同アカデミーのプロジェクト、チェンバー・ミュージック・コネクツ・ザ・ワールドに参加した。

ベアーズ国際ヴァイオリン協会より貸与されたペレグリーノ・ディ・ザネット製作(1565-75年頃)のヴィオラを演奏している。

https://www.timothyridout.com/

Timothy Ridout, viola

Selected as a BBC New Generation Artist in 2019, Timothy is one of the most sought after violists of his generation.  

This season Timothy appears as soloist with the Orchestre de Lille, Salzburg Camerata, Philharmonia Orchestra, Chamber Orchestra of Europe, Tapiola Sinfonietta, Orchestre National Bordeaux, Aachen Symphony and Krasnoyarsk Regional Orchestras. He records for the Harmonia Mundi Nova series and with L’ Orchestre de Lausanne for Claves Records.

Other highlights include recitals at Wigmore Hall, Auditorium du Louvre and the Lucerne Festival.  He takes part in the Lockenhaus, Heimbach and Kronberg Festivals, collaborating with Isabel Faust, Janine Jansen, Kian Soltani, Benjamin Grosvenor, Lars Vogt, Nicolas Altstaedt and Christian Tetzlaff, among many others. Further afield he returns to Japan and joins the Marlboro Academy in the USA on the invitation of Mitsuko Uchida. 

Over the last year Timothy has made his debut with the Hamburg Symphony Orchestra, undertaken a residency with Baden-Baden Philharmonie, and performed the Walton Concerto with the Tonhalle Orchestra Zurich under the auspices of the Orpheum Foundation.  He has worked with conductors including Christoph Eschenbach, David Zinman, Gabor Takács-Nagy, Sylvain Cambrelling, Jamie Phillips and Sir Andras Schiff.

During 2019 he collaborated with Steven Isserlis, Joshua Bell, Jeremy Denk, the Quatuor Arod and Nash Ensemble at Wigmore Hall and made his debut at the Konzerthaus Berlin, Heidelberger-Frühling, Montpelier and Aspen  Music Festivals.  Sought after as a chamber musician Timothy took part in festivals across Europe including the Bergen, Rosendal, Evian, Boswil Sommer, Musikdorf-Ernen and Molyvos Festivals.

In 2016 Timothy won 1st Prize in the Lionel Tertis Competition and was selected by Young Classical Artists Trust (YCAT).  Other prizes include the 2019 Thierry Scherz Award at the Sommets Musicaux de Gstaad and 1st Prize at  the 2014 Cecil Aronowitz Competition.

Born in London in 1995, Timothy studied at the Royal Academy of Music graduating with the Queen’s Commendation for Excellence. He completed his Masters at the Kronberg Academy with Nobuko Imai in 2019 and in 2018 took part in Kronberg Academy’s Chamber Music Connects the World.

Timothy plays on a viola by Peregerino di Zanetto c.1565-75 generously on loan from Beares International Violin Society.

https://www.timothyridout.com/

Representation: Japan, Korea & rest of Far East except China & Taiwan
Inquiries please contact Goro Yamane
yamane@mcsya.org