ティモシー・リダウト Timothy Ridout, viola

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げる次世代のスターヴィオラ奏者。タベア・ツィンマーマンおよびアントワン・タメスティに師事し、その才能を開花させた。ウィグモアホールでは今後継続的に出演する事が決まっているほか、世界を代表する著名指揮者やピアニストとの活動も次々と決まっている。世界にスターヴィオラ奏者は非常に少ないが、その一人になり得る希有な才能の持ち主である。

1995年ロンドン生まれ、ロイヤル・アカデミーでマーティン・アウトラムに師事。女王優秀賞を得て卒業。その後ドイツのクロンベルク・アカデミーへ行き、現在は今井信子、アントワン・タメスティ、タベア・ツィンマーマンに習っている。2016年、英国人として初めてリオネル・テルティス国際ヴィオラコンクールで入賞、ヤング・クラシカル・アーティスツ・トラスト(YCAT)のアーティストに選出された。2014年にはセシル・アロノヴィッツ国際での優勝、2015年にはウィンザー音楽祭国際コンクールで第2位入賞。

昨年は欧州で広く演奏したが、ウィグモア・ホールでのリサイタル、ミュンヘンのガスタイク、ブライトン音楽祭、ヴェルビエ・アカデミー&音楽祭、そしてシュロス・エルマウ音楽祭で演奏した。またエッゲンフェルデン・クラシック、ヴァルドレス夏のシンフォニー、コブレンツ、エルネン音楽の村、ボン・ベートーヴェンの各音楽祭に出演し、IMSプロシア・コーブ・オープン・チェンバーミュージックに参加し、ナッシュアンサンブルと共演した。

2017/18シーズンはラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団との共演のほか、バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、シンフォニア・ウェールズと共演。ウィグモア・ホールで再び演奏したほか、サウスバンク・センターではタベア・ツィンマーマンの招きでブリテンのヴィオラ・ヴィオラを演奏する。その他イタリア、イスラエル、ノルウェー、フランス、オーストリアそしてスイスで演奏する。2017年にはチャンプス・ヒル・レーベルよりヴュータンのCDをリリースし、好評を持って受け入れられた。

ザグレブ・ソロイスツ、ロッテルダム・フィルハーモニック・ストリングス、ヨーロッパ連合室内楽団、ヤング・ミュージシャンズ、オックスフォード交響楽団との共演、セント・ジョンズ・スクウェアにおけるウォルトンの協奏曲演奏、バービカンのミルトン・コートにおけるデスモンド・クラークの新作初演、室内楽演奏家としても評価が高く、キッシンゲンの夏音楽祭(ドイツ)、シューベルティアーデ(オーストリア)、ミュジーク・ア・マルサック(フランス)、アカデミア・デイ・カメリスティ(イタリア)、そしてバート・ラガツのネクスト・ジェネレーション音楽祭(スイス)で演奏。アナ・チュマチェンコ、マキシム・ヴェンゲーロフ、ローレンス・パワー、タベア・ツィンマーマン、スティーヴン・イッサーリス、フランツ・ヘルマーソンなどと共演している。ティモシーはアマリリス・フレミング財団およびボワーマン・チャリタブル・トラストの支援に深く感謝している。ベアーズ国際ヴァイオリン協会の貸与によりペレグリーノ・ディ・ザネットによる1565-75年製作の楽器を使用している。

https;//www.timothyridout.com/

Engagements this season include appearances as soloist with the Deutsche Staatsphilharmonie Rheinland-Pfalz, Philharmonia Orchestra, London Mozart Players, Sinfonia Cymru and Young Musicians European Orchestra (in Israel).  He returns to Wigmore Hall, makes his debut in Tokyo (Musashino Hall), performs George Benjamin’s Viola, Viola at the Southbank Centre on the invitation of Tabea Zimmermann, and gives recitals at Saffron Hall, the Newbury and Kilkenny Festivals.  In 2017 Champs Hill released his first CD of music by Vieuxtemps to critical acclaim.

Sought after as a chamber musician during 2018 Timothy takes part in the Heimbach (Germany), Valdres Sommersymfoni (Norway), Boswil and Musikdorf Ernen Festivals (Switzerland); and undertakes projects at the Musikverein (Vienna), Louvre and Salle Cortot in Paris.  He collaborates  with Sir Andras Schiff, Steven Isserlis, Lawrence Power, Nobuko Imai, Frank Dupree, Frans Helmerson, Christian Tetzlaff, Isabelle Faust, Pavel Kolesnikov and Gabor Takács-Nagy.

Future engagements include his debut at the Konzerthaus Berlin, a residency with Baden-Baden Philharmonie and a performance of the Walton Concerto with the Tonhalle Orchester Zurich.

Born in London in 1995, Timothy studied at the Royal Academy of Music with Martin Outram, graduating with the Queen’s Award for Excellence.  He was selected by Young Classical Artists Trust (YCAT) in 2016 and in the same year joined the Kronberg Academy in Germany, where he currently studies with Nobuko Imai.  Awards include 1st Prize at the 2014 Cecil Aronowitz and 2nd Prize at the 2015 Windsor Festival International Competitions.

Over the last two years Timothy has performed across Europe including the Verbier Academy & Festival and Schloss Elmau, the Munich Gasteig, the Bad Kissinger Sommer, Schubertiade (Austria) and Beethoven Bonn Festivals.   He has attended IMS Prussia Cove Open Chamber Music and performed with the Nash Ensemble.  Solo appearances include the Rotterdam Philharmonic Strings, European Union Chamber, Zagreb Soloists and Oxford Symphony Orchestras and a special performance of Mozart’s Sinfonia Concertante with Maxim Vengerov. He has participated in masterclasses with Christoph Eschenbach, Sir Simon Rattle and Gidon Kremer, among many others.

Timothy is very grateful for support from the Amaryllis Fleming Foundation and Bowerman Charitable Trust.   Timothy plays on a Viola by Peregerino di Zanetto c1565-75 generously on a temporary loan from Beares International Violin Society.