ベンジャミン・フリス Benjamin Frith, piano

ルービンシュタイン国際コンクール優勝。ブゾーニ国際コンクール最高位。室内楽のスペシャリストとしてグールド・ピアノ三重奏団やフリス・ピアノ四重奏団で長年活躍。またフィールドの協奏曲全曲を録音したことでも知られる名ソリスト、室内楽家。ウィグモア・ホールより依頼をうけ、同ホールの室内楽シリーズを監修している。

ファニー・ウォーターマンの弟子。ダドリー・ナショナル・コンチェルト・コンクールに14歳で入賞し、サン=サーンスの第二番の協奏曲を演奏した。その直後、ハロゲイト国際音楽祭にデビューを果たす。ボルツァーノのブゾーニ国際コンクール最高位、および1989年のアルトゥール・ルービンシュタイン国際コンクールで優勝および室内楽賞を受賞したほか、多数のコンクールで入賞を果たす。

ルービンシュタイン国際コンクール後多くのオーケストラよりオファーが殺到。メータ指揮イスラエル・フィル、アツモン指揮ワルシャワ・フィル、ジョン・ウィルソンおよびサー・マーク・エルダー指揮ハレ管などと共演した。またインド、カザフスタン、イスラエル、エジプト、極東、北米などをリサイタルでツアーした。ASVレーベルおよびナクソスとレコーディング契約を結び、ジョン・フィールドの全協奏曲をノーザン・シンフォニアとの共演でリリースした。シューマンのダヴィッド同盟舞曲集の録音はBBCのラジオ3で非常に高く評価された。

その後室内楽に専念するようになり、とりわけグールド・ピアノ三重奏団で活動する。北米を定期的にツアーしており、ワシントン・ポスト紙は「音楽的な完璧さに極めて近い」と表している。またフリス・ピアノ四重奏団のメンバーでもあるほか、エリアス、エンペラー、エンデリオン、シリンガリアン、ウィハン、ダンテの各四重奏団ともしばしば共演している。

近年のレコーディングとしてはスタンフォードのピアノ協奏曲第2番をダンテ協奏曲(ソロ作品)とカップリングしたものがあり、これはBBC音楽マガジンで高く評価されたほか、グラモフォン誌でも「ディスク・オブ・ザ・イヤー2016」に選ばれている。

昨シーズンはウィグモア・ホールでシューマンのピアノ五重奏曲(エリアスQ)を演奏したほか、グールド・ピアノ三重奏団としてもウィグモア・ホールに登場し、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲を演奏する。また中国および日本でソロリサイタルも開催する。

英国ウェールズ音楽演劇大学の名誉会員である。

Life student of Dame Fanny Waterman, Benjamin Frith won the Dudley National Concerto Competition at age fourteen, performing Saint-Saens 2nd Piano Concerto, subsequently making his recital debut at the Harrogate International Festival. His many awards culminated in joint top prize at the Busoni International Piano Competition in Bolzano, then in 1989, the Gold Medal at the Artur Rubinstein Piano Master’s Competition, where he was also awarded the special prize for Chamber Music.

Many engagements with world renowned orchestras followed, such as IPO (Mehta), Warsaw Philharmonic (Atzmon) and later the Halle under John Wilson and Sir Mark Elder and recital tours from India, Kazakhstan, Israel and Egypt to the Far East and North America. He soon made recording contracts with ASV, then with Naxos, for whom he made a best-selling John Field Concerto Cycle with the Royal Northern Sinfonia. His solo recording of Schumann’s highly personal Davidsbundler op. 6 received the top recommendation on Radio Three’s programme, “Building a Library”.

During the latter half of his career there has been a concentration on the chamber repertoire, principally as pianist in the Gould Piano Trio, which has made regular tours to N. America being described recently in the Washington Post as ‘near musical perfection’. He has also formed the enterprising Frith Piano Quartet with cellist Richard Jenkinson and been the guest pianist of such illustrious ensembles as the Elias, Emperor, Endellion, Chilingarian, Wihan and Dante quartets.

Recent releases include the 2nd Piano Concerto of C.V.Stanford with BBCNOW coupled with his Dante Rhapsodies for solo piano, warmly received by BBC Music Magazine and chosen by the Gramophone’s critic, Jeremy Dibble, as his ‘Disc of the Year 2016‘

Last season saw Benjamin performing at the Wigmore Hall in Schumann’s Piano Quintet (Elias) and in 2018 he has continued with the Gould’s Wigmore Beethoven Piano Trio cycle and appeared as solo recitalist in China and Japan.

Benjamin Frith is an Honorary Fellow of the Royal Welsh College of Music and Drama.